感染症外来

感染症外来について

感染症と聞くと、死に至る細菌やウィルスの病気を思い浮かべるかもしれませんが、実は、私たちが日常最もよくか かっている病気がこの感染症なのです。風邪、気管支炎、肺炎、膀胱炎、腎盂腎炎などです。すなわち、急な発熱・頭痛・咳・腹 痛・下痢などは何らかの感染症の可能性が高いのです。しかし、日本で感染症を専門として診療をする外来は極めて少ないのが現 状です。その理由は、日本の医療が消化器科、循環器科、呼吸器科などのように臓器別に専門分野が分かれてしまったからです。 従来、感染症はこの各臓器別診療科がそれぞれ診療するのが主流でした。しかし、感染症の分野も日々変化しており専門的な情報 収集と分析が必要と考えられます。
当病院には感染症の隔離病棟がないため特殊な感染症の入院加療は行えませんが、その代わり、気軽に感染症の相談 ができる、敷居の低い感染症外来を目指しております。
熱が続いていて原因がはっきりしない、風邪にしては症状が長すぎる、何かのばい菌やウィルスが原因かもしれな い、感染症ではないかといわれた、性行為感染症かもしれないが泌尿器科は敷居が高い、などでお悩みの方、また、新聞などであ らゆる感染症の流行の報道がありますが、少しでも不安がある場合はお気軽に受診下さい。
また、麻疹(はしか)や、B型肝炎などのワクチン接種も行っております。原則として、木曜日が診察日です。
中川義久・芹川聖章が相談しながら診療にあたります。
定期的に感染症の話題を提供します。

中川理事長

理事長・院長

中川 義久

認定医・専門医
日本内科学会 認定内科医 総合内科専門医
日本感染症学会 感染症専門医 指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医 指導医
日本渡航医学会 認定医療職
日本抗加齢医学会 専門医
日本病院総合診療医学会認定 総合診療医
日本エイズ学会 認定医
日本結核・非結核性抗酸菌症学会 認定医

感染症の話題

新型コロナウイルス感染症と亜鉛

新型コロナウイルス感染症と亜鉛  新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染を原因とするCOVID-19が、パンデミック(世界的大流行)となっています。日本ではいわゆる第4波の流行が発生し、4都府県では3回目の緊急事態宣言が発令されています。COVID-19対策として① 原因ウイルス(SARS-CoV-2)への接触機会を減らす。② 私たちの身体の抵抗力を高める。という2つが大切です。 ①に関しては従来より続けてきた3密対策や、飲食店の自粛などが実践されています。②に関しては現在急いで接種が急がれているワクチンが有効であることは言うまでもありません。しかし、現在のワクチン接種が、今後も出現するであろうすべての変異ウイルスに有効であるかはまだわかっていませんし、若年者までワクチン接種がいきわたるまでかなりの時間を必要とするであろうし、また、ワクチンを接種しない人も当然でてくるでしょう。 そこで、ワクチン以外でもヒトの側でのウイルス感染への抵抗性を高める対策も大切でしょう。具体的には、適切な食事・運動・睡眠で、免疫能を整えることです1)。 日本では、COVID-19対策として、医薬品やワクチン製造には取り組んでいますが、栄養食品やサプリメントの有用性に関する研究はあまりなされていません。しかし、諸外国では、機能性食品成分に関する感染防御の検討がなされており、一定の有用性が示されています。特にビタミンや微量元素の感染防御効果が確かめられつつあります2)。現在、最も明らかなエビデンスがあるのはビタミンDです3)。ビタミンDの投与で感染予防効果や重症化抑制効果が認められています。同様に注目されているのが微量元素の亜鉛です4)。亜鉛は必須微量元素のひとつで、感染症領域では免疫関係に大きく関与することが解ってきました。亜鉛が欠乏すると、免疫機能が低下します。そしてその免疫不全の特徴は胸腺の萎縮とそれに伴う細胞性免疫の機能低下です。その他にも樹状細胞の活性低下、その他多くの免疫機能に障害が及んできます。つまり感染症に罹りやすくなります5)。実際、亜鉛欠乏では、風邪の原因ウイルス、単純ヘルペスウイルス、C型肝炎ウイルス、HIVウイルスなどのさまざまなウイルスの感染リスクが高まることが示されています。 また、亜鉛はコロナウイルスの複製を阻害します4)。コロナウイルスは、RNAウイルスに分類されます。RNAウイルスに対して、亜鉛は、RNAウイルスを複製する酵素であるRNA依存性RNAポリメラーゼ(RdRp)を阻害することで、ウイルスの複製を防ぐ働きがあります4)。 また、亜鉛サプリメントによる風邪や肺炎の感染予防や症状改善効果が示されています。これまでの亜鉛を投与した研究に関する系統的レビュー/メタ解析によると、  - 成人における風邪の罹病期間が33%短縮、  - 小児5,193 人では肺炎の罹患率が13%低下、  - 成人2,216 人での重度の肺炎の死亡率が低下といった亜鉛の効果が見出されました4)。 さて、肥満や糖尿病、高齢者などは、COVID-19の高リスク群です。これらの人々では、亜鉛が低値であることがわかっています。またこれらの疾患で服用される薬剤で亜鉛が低下することもわかっています。 降圧利尿剤、ACE阻害剤、ARBなどの高血圧治療薬、スタチン剤などです。実際、亜鉛不足はCOVID-19 感染の予後が悪くなること、重症化することなどが報告されています4)。 COVID-19感染に対する亜鉛投与の有効性はどうでしょうか? 亜鉛の単独投与では細胞内の濃度を上昇させるのが難しく、亜鉛イオノフォアの併用投与が必要ですが、米国では、亜鉛+イオノフォアの投与により、COVID-19患者の院内死亡率が24%低下したという報告もあります4)。ただ、亜鉛の単独投与ではもちろん死亡率改善効果はなく、他の薬剤との併用投与で効果が認められていました。現在、亜鉛単独投与ではなく、ビタミンCやビタミンDとの併用投与によるランダム化比較試験が進行中です。 亜鉛サプリメントは、適切な摂取量であれば、高い安全性が示されています。免疫能の維持など保健機能のための一般的な亜鉛サプリメントの摂取目安量は、1日あたり10mg~20mg前後です。症状の改善を目的とした場合、予防よりも多い量を数日間、摂取します。例えば、風邪に対する亜鉛の有用性を検証した臨床試験では、亜鉛を1日あたり80mgの用量で、数日間の投与が行われています4)。 本邦でも、亜鉛の摂取不足が示されており、特に、COVID-19の高リスク群である肥満や糖尿病などの生活習慣病有病者で顕著です。さらに、亜鉛の免疫調節作用や抗ウイルス作用は確立しており、積極的に摂取する必要があり、サプリメントの服用も考えるべきです。ただ、亜鉛を摂取しすぎると銅が低下しますので注意する必要があります。 菊池中央病院  中川 義久令和3年6月21日 参考文献 1)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と栄養・睡眠・運動https://nobuokakai.ecnet.jp/info/topic/532/ 2)東口 髙志ら:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療と予防に関する栄養学的提言 . 日本臨床栄養代謝学会 2020 ; 2 ; 84 – 94 . 3)ビタミン D が不⾜すると新型コロナウイルス感染症が重症になる 4)蒲原 聖可:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防および治療に関する亜鉛の臨床エビデンス . 医と食 2021 ; 13 ; 51 – 59 . 5)亜鉛と感染症https://www.nobuokakai.ecnet.jp/nakagawa146.pdf

歯周病がアルツハイマー型認知症の原因になる

歯周病がアルツハイマー型認知症の原因になる  アルツハイマー病の新薬「アデュカヌマブ」はアルツハイマー型認知症の症状の進行を抑えることを目的とした薬で、脳にたまった「アミロイドβ」と呼ばれる異常なたんぱく質を取り除き、神経細胞が壊れるのを防ぐとしています。FDAは、6月7日効果が合理的に予測されると評価し治療薬として承認しました。しかし、その薬価の高さなどから一般に使用されるのにはかなり時間がかかることが予想されます。 アルツハイマー型認知症は、すべての認知症のうち、約67%を占める疾患です。多くの場合、物忘れがきっかけで気づかれ、症状としては記憶障害や見当識障害、言語障害、視空間認知障害などがあります。今後世界的に平均寿命が延びるにつれて,アルツハイマー病の罹患者は2050 年までに現在の3 倍に増加すると予想されています。 アルツハイマー型認知症の原因はアミロイドベータ(Aβ)をはじめタウ蛋白などの異常なタンパク質が脳に蓄積してしまうことがアルツハイマー型認知症になってしまう原因です。その結果、神経細胞が死んでしまい、脳が萎縮することで、認知機能が低下してしまいます。アミロイドベータが脳に蓄積してしまう直接的な原因については長年にわたって不明とされていました。しかし、近年の研究により、アルツハイマー病患者の脳内において、単球や脳マクロファージ細胞であるミクログリアが活性化していることから、アルツハイマー病は慢性の炎症性疾患であることが判明しています。また、アルツハイマー病患者の脳内から歯周病菌であるジンジバリス菌(Pg菌)のリポ多糖(LPS)が検出され、そのLPS によってミクログリアが活性化し、脳炎症を引き起こすことがわかってきました。さらに この活性化されたミクログリアにより Aβ の産生・蓄積および認知機能障害を引き起こすことが報告されてきました。また、健常者と比較して、アルツハイマー病患者では歯周病原細菌に対する抗体価が有意に増加していることが確認され、アルツハイマー病の原因として歯周病菌が大きく注目されてきました1)。 2017年に九州大学と北京理工大学(中国)の研究チームは3週間をかけてマウスの腹部に歯周病菌を投与し、感染させたうえで「正常なマウス」と「歯周病菌を投与したマウス」に分けました。比較すると、歯周病菌に感染したマウスはAβを脳内に運ぶ「受容体」というタンパク質が約2倍に増加し、脳細胞のAβ蓄積量は約10倍になったことが判明しました。また、Aβが蓄積したマウスは認知症を発症したのです。さらに、アルツハイマー病モデルマウスの口腔内に直接 Pg菌を投与し、実験的歯周炎を惹起すると、Pg菌投与群の認知機能が非投与群と比較して著しく低下したことも報告されました。この研究者らは口腔内より腸内に侵入した Pg菌の影響により、腸内から血液を介して脳内に LPS が流入し、アルツハイマー病の病態に影響を与えたと考えました2)。腸内細菌が脳内の炎症やアルツハイマー病に影響を与えているとの報告はこれまでにもいくつかあり、腸内を無菌化すると細菌叢のある群と比較して、脳への Aβ の沈着量が有意に減少したという報告もあり、腸内細菌により生成されたアミロイドは血液脳関門を通過できるといった報告もあります。 歯周病菌と脳へのAβ沈着を促進させる受容体の正体も解ってきました。カテプシンBという酵素で、Pg菌が入ってくると過剰に増えて、脳内の炎症やAβ の沈着量が増加することがわかっています3)。また、カテプシンB欠損マウスでは記憶低下などのアルツハイマーの症状がおきないことも証明されています。カテプシンBを阻害する薬が作れればアルツハイマーの予防の薬となるかもしれません。 現在、脳内の炎症を抑える可能性のある物質がいくつか候補としてあがっています。ミツバチが作るプロポリスや、キノコの1種の冬虫夏草などです3)。しかし、まだ研究中の段階であり、現在は日常的な歯磨きや歯科検診が重要であることは言うまでもありません。 令和3年6月11日菊池中央病院   中川 義久 参考文献 1)石田 直之ら:歯周病はアルツハイマー病を悪化させる . 日歯周誌 2018 ;  60 ; 147 – 152 .2)世界初ヒト歯周病の歯茎で脳内老人斑成分が産生されていることが判明〜歯周病によるアルツハイマー型認知症への関与解明の新展開〜https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/3963)武 洲:歯周病菌による全身炎症で認知症に. 全国保険医新聞 2021 ; 2856 ; 10 .

子供にコロナワクチンは必要か?

子供にコロナワクチンは必要か? 高齢者のコロナワクチン接種が開始され、その予約が大変であることが連日報道されている一方、ファイザーのワクチンの接種の対象年齢について、厚生労働大臣は、早ければ今月末にも12歳以上への引き下げが認められるとの見通しを示しました(5月28日)。ファイザーのワクチンは、接種の対象年齢が、日本では16歳以上となっている一方、アメリカなどでは、12歳以上となっています。ちなみにモデルナとアストラゼネカのワクチンは18歳以上が適応でそれ以下の年齢はデータがなく接種不可の状態です。 しかし、かかっても軽症と言われる子供にワクチンを接種する必要があるのでしょうか?新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は健康な子どもにとって深刻な病気ではなく,多くの場合,無症状か軽症です。また、そもそも子供はかかりにくいことがわかっています。 https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200620-00184081/ より参照 この図は年齢ごとの感受性(感染者との接触による感染確率)の違いを見たものです。年齢が低いほど感受性が低く、年齢が高くなるに従って感染しやすくなります。60歳くらいからはプラトーに達します。  2020年12月20日の時点で国内における10歳未満の感染者数は4000人超、10代で1万人超であり、死亡例の報告はありません。小児における代表的な呼吸器感染症との比較において、5歳未満の小児ではCOVID-19肺炎の推定致命率は0.15~1.35%で、RSウイルス肺炎の0.3~2.1%より低く、インフルエンザ肺炎の0.14~0.45%よりやや高い程度と考えられています1)。 https://www.covid19-yamanaka.com/cont1/main.html より参照 中国でのデータですが、10歳以下の感染者は少なく、死亡者もいません。60歳以上で致死率が急上昇しています。 子供がCOVID-19にかかっても重症化しない理由については諸説が提示されていますが、小児にはウイルスのレセプターであるACE2受容体が気道上皮に少ないということと、子供は免疫応答である自然免疫反応が優れているということ、リンパ球のT細胞が活発に行動していること2)、などがあげられています。したがって、健康な子どもにとって軽症で済むCOVID-19のワクチンのメリットはそれほどありません。 さてCOVID-19のワクチン接種の目的は次の3つにあると思われます。このワクチンの主な目的は、1.自分が感染・発症しないため。2.感染しても軽症で済ませるため。3.まわりの人にうつさないため。 子供の感染はまわりの人にうつすことが多いのでしょうか?これに関しては諸説がありますが、2019年12月1日から2020年5月28日に発表された感染伝播についての14論文を比較した研究(レビュー)によりますと、子どもの感染者の15%から60%が無症状であり、75%から100%が家庭内で家族から感染させられ、学校は主な感染源にはならなかったと分析されています3)。また子どもによる感染伝播に関する33論文を比較したものや学校での感染に関する論文を比較した研究がありますが、どちらも子どもや学生の陽性率が低いと結論しています。つまり、子どもは学校でも感染しないし、感染も広げないようです3)。 COVID-19において学校・学級閉鎖の効果はあまりないことが多く報告されています1)。インフルエンザワクチンとは異なり,子どもたちに広く接種しても,感染拡大防止効果は限定的だと思われます。もちろん,数多くの子どもたちが感染すれば,中には重症化する場合もあるでしょう。子どもへのワクチン接種が社会の中での感染拡大を防止する効果もゼロではありません。しかし,稀な重症化を防ぐためのワクチンが,重大な副作用を稀ならず起こしてしまうのであれば有害なものとみなされます。ワクチンの治験が何万人もの規模で行われても,稀な副作用を検出することは困難です。新しいタイプ(mRNA)のワクチンでもあり,成人で広く接種されて重篤な副作用がきわめて稀であることが確認されるまでは,少なくとも健康な幼少児への接種を急ぐべきではないと森内氏4)は述べています。 令和3年6月1日菊池中央病院  中川 義久 参考文献 1)宮入 烈:小児におけるCOVID-19の臨床像. 日本医師会雑誌 2021 ; 150 ; 236 – 237 .2)免疫老化と新型コロナ感染症( COVID-19 )3)新型コロナ:子どもが「感染させにくい」のは本当か https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20210118-00218157/4)森内 浩幸:子供に新型コロナワクチンは必要か?日本医事新法 2021 ; 5057 ; 50 – 51 .

新型コロナワクチン、正しい筋肉注射を

新型コロナワクチン、正しい筋肉注射を  高齢者への新型コロナワクチンの接種が始まりました。予約が大変そうですが無事に多くの人が接種を終了することが望まれます さて、近年、内服薬や点滴薬の進歩によりあまり筋肉注射をしなくなりましたので、改めて筋肉注射の手技を学びなおす必要があります。 日本医師会のホームページに推奨される筋肉注射の方法が記載されています1)。それによると、●注射部位は三角筋の肩峰より2~3横指下中央の位置です。●三角筋をつままず、広げて圧迫固定します。皮下組織が手繰られて厚くなりますと針先が三角筋に届かなくなります。● 注射針を皮膚に対して斜めに刺入している報道が見受けられますが、注射針は必ず直角に刺入してください。●刺入れの深さは体型により13 ㎜~20 ㎜が目安です。● シリンジ陰圧確認を行わないことで、筋肉組織損傷による免疫獲得減弱を回避します。● 神経損傷を避けるため、刺入時に異常の訴えが無いことを確認した後にワクチンを三角筋に注入します。● 抜針後は軽く圧迫するだけで大丈夫です。揉まないでください。 と記載されています。 一方、肩峰から 4cm までの高さには三角筋下滑液包があり、また腋窩神経等も存在するため、それより下方の腋窩ひだの上縁の高さのほうが望ましいという意見もあります 。奈良県立医大の筋肉注射マニュアルに詳細な絵と注射方法が記載されています2)。腋窩神経は肩峰より5cm の部位、これが約3横指にあたるらしいですが、腕に巻きつくように走行しており、腋窩神経の損傷で、図に示す部位に感覚障害と、長期にわたる筋萎縮を生じてしまいます。 https://www.konta-chiryouin.com/ekikashinnkei02.html  より参照  また、肩峰より平均約4cmまでの⾼さには,三⾓筋下滑液包が三⾓筋の裏に存在し、ワクチンの誤注⼊によるSIRVA(Shoulder Injury Related to Vaccine Administration)が海外で多数報告されており、穿刺を避ける必要があります2)。三角筋下滑液包炎をおこすと肩の動きが障害され、強い痛みが生じるとされています。 コミナテイワクチンに含まれる mRNA はおもに筋肉細胞内でタンパク質に翻訳されるため、筋肉内に確実に到達するよう針の長さには注意が必要です。体格によっては筋肉の厚さが薄く、長すぎる針の場合は骨膜損傷や三角筋下滑液包炎を起こすおそれがあります。標準的には 22~25G、長さ 25mm の注射針で、皮膚面に 90 度の角度で注射します。針の長さは、日本人の体格では 16mm でも接種が可能な者も多く、体重 70kg 以上では 32~38mm のものも使用できます。上腕三角筋に接種できない場合(皮膚疾患、筋肉萎縮等で)、下腿の外側広筋(大腿部の外側の筋肉)に注射することが勧められています3)。 文献2)に優れた図が記載されているので一度参照されることを勧めます。 菊池中央病院  中川 義久令和3年5月17日 参考文献 1)日本医師会新型コロナワクチン速報【第5 号】2)筋肉注射手技マニュアルhttps://www.nmu-resident.jp/info/files/intramuscular17.pdf3)COVID-19 ワクチンの普及と開発に関する提言 修正第 4 版 2021 年 4 月 23 日診療ガイドライン検討委員会 COVID-19 expert opinion working group 南学 正臣 (委員長)https://www.jmsf.or.jp/uploads/media/2021/04/20210426063706.pdf

新型コロナの合併症-小児多系統炎症性症候群(MIS-C)-

新型コロナの合併症ー小児多系統炎症性症候群( MIS-C )ー  2020年5月にコロナ感染歴のある子どもに川崎病の症状がみられることが欧米で相次いで報告されました。新型コロナウイルスは血管親和性が強く、全身の微小血栓形成、下肢血栓からの肺塞栓症による急死、心筋梗塞・心筋炎による急変なども相次いで報告されました1)。そののちにこの疾患は、川崎病とはやや病状が異なり、新たな疾患としてMultisystem Inflammatory Syndrome in Children ( MIS-C ; 小児多系統炎症性症候群 )と命名されました2)。川崎病とMIS-Cは、長引く発熱、皮膚の発疹、リンパ節腫脹、下痢、炎症性バイオマーカーの上昇など、いくつかの共通の症状を持っていますが、MIS-Cは10代と発症年齢が高いこと、腹部症状が多いこと、左室収縮機能障害や急性心不全を伴う症例が多いことなどの特徴があります3)。  欧米では少しづつその臨床像が明らかになりつつあります。 2020年3月の米国での186人のMIS-Cの調査では2)、MIS-C が発症する前にCovid-19 の症状を認めていた患者のうち、Covid-19 の症状が発症してからMIS-Cの症状が発症するまでの期間は平均25日間(6-51日)でした。患者の年齢は平均8.3歳(3.3-12.5歳)であり、62%が男性、73%は生来健康でした。好発人種は明らかではありませんでした。MIS-Cの症状は、78%に5日以上の発熱、90%に4日以上の発熱を認めました。71%は少なくとも4つの臓器障害を伴っており、最も障害が認められた臓器系は、消化器系92%、心血管系80%、血液系76%、粘膜・皮膚系74%、そして呼吸器系70%でした。80%はICUで治療を受け、20%は侵襲的人工呼吸管理を受けていました。70%は生存して退院しました。2%が死亡しました(その他はまだ入院中)。死亡した4人の患者は10~16歳で、うち2人は基礎疾患を有しており、3人はECMO管理を受けていました。成人のCovid-19 の患者の合併症は特に呼吸器に多く見られますが、MIS-Cでは特に消化器に多く認められる傾向にありました。  検査所見はほとんどの患者(92%)で炎症を示す4つ以上の臨床検査の異常値を示しました。赤沈亢進またはCRP上昇、リンパ球減少症、好中球増加、フェリチン増加、アルブミン低下、ALT上昇、貧血、血小板減少、およびDダイマー上昇、PT-INR延長、またはフィブリノーゲン上昇などです。心血管病変は一般的で80%に認め、48%が昇圧薬による支持療法を受けていました。大多数の患者ではBNPが上昇しており73%、50%でトロポニンが上昇していました。心臓超音波検査を受けた患者の9%に冠動脈瘤が認められました。  患者の大部分が免疫調節薬による治療を受けており、その中でも最も多いのは免疫グロブリン静脈内投与77%とグルココルチコイドの全身投与49%でした。退院した患者のほとんどは生存していたことより有効であったと考えられています。過剰炎症状態を示唆する臨床および検査所見、SARS-CoV-2感染に関連した発症時期、そして成人Covid-19患者の疾患パターンとの類似性を考慮すると、MIS-CはSARS-CoV-2感染によって引き起こされた免疫介在性傷害の結果であると推測されています。本質的な問題は、なぜこの年齢層でMIS-Cが発症し、他の年齢層では発症しないのかということですが、MIS-C発症の年齢特異的な違いは、SARS-CoV-2感染曝露の感受性の違いやSARS-CoV-2が細胞侵入のために利用する受容体であるACE2の鼻腔内発現の違いで説明できるのではないかと考察しています2)。  本邦ににおいてもMIC-Sと診断された患者が報告されつつあります。成人で肺炎が悪化し重症化することが多いのとは異なり、MIS-Cでは下痢、発熱、発疹などが見られ、心機能が低下することが特徴です。SARS-CoV-2に感染した回復期(2~6週後)に学童期以降の小児にこうした症状が認められる傾向があり、感染当初は軽症ですが、急激に川崎病の主症状(発熱、発疹、眼球結膜充血、口唇口腔所見、四肢末端の腫脹、頸部リンパ節腫脹)が出現したとのことです。  現在、国内で増加している変異型新型コロナウイルスは小児への感染がしやすくなっているとの報告もあり、今後、同様の例が発生することが危惧されています。 菊池中央病院   中川 義久令和3年5月6日 参考文献 1 ) 川崎病と冠動脈瘤と新型コロナ感染症https://nobuokakai.ecnet.jp/info/518/ 2)Feldstein LR, et al. Multisystem Inflammatory Syndrome in U.S. Children and Adolescents. N Engl J Med. June 29, 2020. doi: 10.1056/NEJMoa2021680. 3 ) Multisystem Inflammatory Syndrome in Children (MIS-C)https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7293840/3 4 ) コロナ感染で発生、小児多系統炎症性症候群日本川崎病学会が関連学会に通知https://medical-tribune.co.jp/news/2021/0326535828/index.html?_login=1#_login

新型コロナワクチンを接種しました

私も新型コロナワクチン(コミナテイ)の接種を2回終了しました。1回目の接種時は接種当日に軽い頭痛と局所の疼痛があり、翌朝には疼痛のため腕があがらなくなりまたが、2日目にはほぼ痛みも軽快しました。2回目の接種でもやはり局所の疼痛があり、1回目よりやや強く感じましたが鎮痛剤を飲むほどではなく、普通に出勤しました。全身的な副作用はあまり感じませんでした。局所の疼痛も2日後にはかなり改善していました。許容できる程度の副作用と感じました。 厚生労働省の調査では2回目の接種での副作用が強く出ており、主な症状と発症率は以下のとおり(1回目/2回目)と報告されております。 発熱(37.5℃以上):3.3% / 35.6% 発熱(38℃以上):0.9% / 19.1% 接種部位反応:92.9% / 93.0% 発赤:13.9% / 16.0% 疼痛:92.3% / 91.9% 腫脹:12.5% / 16.9% 硬結:10.6% / 9.9% 熱感:12.8% / 16.6% かゆみ:7.9% / 10.4% 倦怠感:23.2% / 67.3% 頭痛:21.2%/ 49.0%              文献1)より また、順天堂大学での検討でも以下のグラフのような結果が出ています これらの副作用は若年層および女性での頻度が高いことが分かってきています。先行接種において、ワクチン接種との因果関係が疑われる副反応疑い報告は3月25日時点で1万9808例中20例。このうち、アナフィラキシーは3例でした。因果関係が疑われる特殊な副反応報告に末梢性顔面神経麻痺が挙がっている点について、欧米では、一定数出ているので関連している可能性はあるかもしれないとしています2)。 問題のアナフィラキシーについて米国や英国で一定程度の報告がありましたが、多く見積もっても6~10万回に1件程度で、ワクチン全般からするとやや高い頻度ですが実臨床で次々に発生するような頻度ではないとされています。 薬剤 アナフィラキシーの頻度:100万接種対 ペニシリン 4590 スルフォンアミド 1510 セファロスポリン 610 マクロライド 380 キノロン 370 NSAIDs 1300 オピオイド 980 ワクチン一般 1.31 コミナテイ 11.1 ~ 17.1 文献3)より転載 本邦ではアナフィラキシーの報告が欧米に比較して非常に多いのではないかという指摘もありますが 、厳密なブライトンの診断に合致しない軽症の気分不良が多く報告されており実際に本邦で多いかどうかはまだ不明です3)。  以上のようにアナフィラキシーの発生頻度もペニシリンなどに比較して許容できる程度の頻度で、また、世界で数千万人以上が接種を受けても現時点で因果関係が示唆される重篤有害事象は報告されておらず、ワクチン特有の局所の疼痛や発熱などの副作用がやや強いように思われますが、その効果を考えると許容範囲と思われます。  コミナテイのワクチン効果は高く、2回の接種7日後に発症予防効果が95.0%、重症化予防効果が88.9%と報告されています4)。さらに、最近の報告では5)、ワクチン効果は最低6か月は持続し、かつ感染力の強い南アフリカ由来の変異ウイルスに対しても有効性が100%でした。新型コロナウイルス自体は2~4週間に1回程度のRNA配列の変異を繰り返しており、RNA配列の変異が蛋白の変異につながり、蛋白変異がヒトへの感染性等の変異につながるには偶然が幾重にも重なる必要がありますが、今後の変異株全てにワクチンが有効であるかどうかは不明です。  またコミナテイーの有効性は症状出現し、新形コロナPCR陽性になる可能性について有効性が示されていますが、無症候性感染については有効性は確認されていません。同時に他者への感染予防効果も明らかではありません。つまり、現時点で明らかなのは、発症予防という接種者本人の利益のみが保証されているのみなので、接種後もマスクや外出自粛などの感染対策は必要ということです。  コミナテイは高齢者は積極的な接種対象者ですが70代以上の人のデータはなく、効果・副作用は不明です。15歳以下の小児も同様です。授乳婦には問題ないとされています。妊婦のデータはありません4)(現在治験が進行中です)。 菊池中央病院   中川 義久令和3年4月12日 参考文献 1 ) ワクチン接種2回目で多い副反応疑い、主な症状と発症時期は?/厚労省https://www.carenet.com/news/general/carenet/51965 2)2回目接種の翌日に頭痛や倦怠感などの副反応が顕著新型コロナワクチン先行接種、若年層と女性に多い副反応、5.5%は勤務不可https://www.m3.com/news/iryoishin/895514 3)新型コロナワクチン接種後の副反応ーアナフィラキシー47件、2回目の倦怠感67%. 日本医事新報  2021 ; 5058 ; 14 – 15 . 4)守屋 章成:新型コロナワクチン今わかっていることまだわからないこと . 日本医事新報 2021 ; 5057 ; 18 – 36 . 5)ファイザー製「半年効果」…ワクチン臨床試験https://www.m3.com/news/general/898288?dcf_doctor=true

ピロリ除菌後胃がんは少なくない

ピロリ除菌後胃がんは少なくない  2013 年2月にヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pyrori 以下ピロリ)感染胃炎が保険診療対象疾患となり、わが国はピロリ感染を発見したら除菌するような状態になりました。本邦でのピロリ 除菌治療件数は年間約150 万件となっており、2013 年以降、わが国の胃がん死亡者数は徐々に減少傾向にあります1)。胃がんが好発する60 歳代以上において、ピロリ感染率は依然として高率で、実臨床での主な除菌対象となっています。わが国で内視鏡診療が普及し、胃がんの形態診断学が確立したころ、胃がん症例のほとんどはピロリ感染例でした。胃がん発生の主因はピロリ感染であることに異論の余地はなく、特に、本邦においてはピロリ未感染胃から胃がんが発生することは極めて稀であるため、ピロリ感染を治療すれば胃がん発生は減少し、胃がん死亡が減少することが容易に想定できます。実際、2014 年のIARC(国際がん研究機関)からの勧告文書ではピロリ除菌により胃がん発症を30~40%減少させることができると記載されています1)。しかし、30~40%というのは胃がんの原因がピロリ菌と言う割には少ない数値です。実際、実臨床ではピロリ除菌後の胃がん発生に無視できないほど遭遇することがわかってきて、ピロリ菌は胃がん発生の必要条件ではありますが十分条件ではないことが疑われてきました。その後の検討で、ピロリ感染後胃炎の自然史において、広汎で回復不可能な萎縮性変化や腸上皮化生が出現すると( point of no return を超えると)ピロリ感染に依存せず胃がんが発生するハイリスク状態が確立するという事実がわかってきました2)。Wong らの最初のランダム化比較試験が興味深い結果を提示しています。本研究はピロリ感染者を除菌群とプラセボ群に無作為に振り分け、胃がん発生を平均7.5年間追跡したものです。結果として、両群間の胃がん発生に有意差は認められず、また、除菌群ではプラセボ群より遅れて胃がんが発生していました。除菌により胃がん発生は予防できずに発生を遅らせた、という結果でした。それまでの報告は5年以内の短い期間のものが多く、それらの結果は除菌が胃がん発生に有効という結果でした。最近の報告をまとめると、成人を対象にしたピロリ除菌による胃がん発生抑制効果が当初喧伝されたほど明確なものでなく、除菌後の胃がん発生が長期間無視できない割合で生じることを示しており、最近の研究では除菌後20年あまりの期間、胃がんが年率0.35%の高率で発生したことが報告されています2)。 ピロリ感染が長期間になって、point of no return を超えた胃を有するものが高頻度である中年以上の者がピロリ菌を除菌したからといっても胃がん発生抑制効果が劇的とは考え難く、胃がん発生高リスク状態にとどまり検診受診の継続が必要で有ることを説明する必要があります2)。 ところで、一般的に胃がん病巣の周囲にはピロリ感染胃炎粘膜があり、胃がん組織との形態学的差異を形成しています。ところが、ピロリ除菌治療後は、胃がん周囲粘膜の炎症を劇的に軽快させるのみならず、胃がん自体の形態にも影響を及ぼすことが明らかとなってきました。詳細は割愛しますが、見逃しの危険が多くなり、腫瘍の範囲診断や生検診断の部位の間違いを起こす頻度が多くなるといった新たな問題が提起されています3)。胃がん死亡は減少傾向にありますが、いまだ本邦においては年間約4.5 万人の胃がん死亡があり、これからの胃がん診療においては、除菌後胃がんを適切に診断、治療することが極めて重要です。 ピロリ菌は逆流性食道炎、種々のアレルギー疾患、自己免疫疾患等においてその発症に抑制的に働くことが報告されており、近年の世界的なこれら疾患の増加の1因としてピロリ感染率の低下が関連している可能性が指摘されています。米国国民健康栄養調査ではピロリ感染は胃がん死亡を増加させるが、脳卒中死亡等を減少させ、結果的にピロリ感染者の総死亡リスクは非感染者と変わらないと報告しています4)。胃がん抑制のためのピロリ除菌によって、全身的な他疾患のリスクを増加させる可能性があり、ピロリ菌陽性の健常者を除菌する際には、その将来的なリスクとベネフィットを考慮し説明する必要があります。 菊池中央院   中川 義久令和3年4月2日 参考文献 1 ) 伊藤 公訓ら:Helicobacter pylori 除菌後の胃がん . 日本消化器内視鏡誌 2018 ; 60 ; 5 – 13 .2)一瀬 雅夫ら:Helicobacter pylori 感染胃炎からの発がんー自然史、発がん機序、除菌による予防を巡っての視点― . 日内会誌 2021 ; 110 ; 29 – 35 .3)村上 和成:ピロリ菌感染と胃がんとの関連 . 日内会誌 2021 ; 110 ; 476 – 480 .4)飯島 克則:Helicobacter pylori 感染症:残された課題.日内会誌 2021 ; 110 ; 7 – 9 .

単純ヘルペス脳炎は早期治療が重要

単純ヘルペス脳炎は早期治療が重要 脳炎・髄膜炎では治療開始の遅れが重度後遺症や致死的転機を招くため神経救急として対応する必要があります。急性脳炎にはウイルス性脳炎やその他の病原体による脳炎、自己免疫性脳炎、膠原病に伴う脳炎・脳症などがありますが、ウイルス性脳炎の割合が高く、中でも単純性ヘルペスウイルス( herpes sinmlex virus : HSV ) が脳炎全体の約 20%、次いで水痘・帯状疱疹ウイルス( varicella-zoster virusu : VZV ) による脳炎が約 5 – 10% を占めるとされています。一方で脳炎全体の 30 -50%は原因が同定できないことも指摘されてきましたが、近年、抗 N-methyl-D-asparate ( NMDA ) 受容体脳炎など自己免疫脳炎がクローズアップされこれらの診断例も増えています1)。 当院でも単純ヘルペス脳炎(Herpes simplex encephalitis;以下 HSE と略)と思われる症例を経験したので今回調べてみました。 HSE は単純ヘルペスウイルス 1 型(herpes simplex virus type 1:HSV-1)あるいは 2型(herpes simplex virus type 2 :HSV-2)の初感染時または再活性化時に発症し、発症年齢(新生児、年長児、成人)によってその病態はかなり異なります。年長児から成人の HSEの ほとんどの症例は HSV-1 によるものであり、新生児の HSE では、HSV-1 が HSV-2 より約 2:1 の比率で多いとされています 。HSV が中枢神経系に移行する経路は、上気道感染から嗅神経を介してのルート、血行性ルート、感染した神経節からのルートの 3 通りが考えられています。以後は成人についてのみ記載します。 発生率は本邦では 3.5 人 / 100 万人 / 年と考えられています。 潜伏期は2~12日(平均6日)で、発熱、頭痛、嘔吐、髄膜刺激症状、意識障害、痙攣、記憶障害、言語障害、人格変化、幻 視、異常行動、不随意運動、片麻痺、失調、脳神経症状など多彩な症状で発症します。発熱を伴う不定の中枢神経症状を認める患者を診た場合には、まず HSE を念頭に置いて、迅速診断・早期治療を心がける必要があります。成人のHSE は HSV-1 の再活性化によるものが多く、HSV‐2 は主に脊髄炎や髄膜炎の形をとることが多いとされています2)。 血液検査では CRP などの炎症所見が軽度上昇するにとどまり、その他の特記すべき所見はありません。血液にはウイルスは検出されません。頭部 CT では特別な所見はありませんが除外診断として推奨されます。MRI は体動やけいれんで施行できないことが多いですが、T1 強調画像にて等~低信号、T2 強調画像と FLAIR で高信号を呈することが多く、病初期での病巣検出には DW1 も有用です。側頭葉と辺縁系が HSE の好発部位であり、病初期では 90%に MRI の異常が検出され、側頭葉、前頭葉(側頭葉内側面、前頭葉眼窩、島回皮質、角回)に病巣を認めることが多いとされています1)。 確定診断は髄液検査でされます。髄液初圧は中等度上昇し、単核球、蛋白の上昇を認めます。髄液 HSV DNA 高感度 PCR は非常に有用で感度 95% 特異度 99% と優れた成績を示しています。しかし、一部の例、特に成人例では 5~10%に偽陰性が認められます。その場合、HSV IgG が提出されることもありますが強く推奨はされていません。初回の髄液PCR が陰性でも疑わしい場合は 24 時間後の再検査が勧められます。髄液検査はもちろんCT か MRI で著明な脳圧亢進がないことを確認してからなされます。 以上のごとく疾患特異的な症状や必ずしも MRI が撮像できないことより、診断は髄液からのウイルス DNA の検出によりなされます。しかし、検査結果を得るまでに一定の時間を要する一方で、発症早期に Aciclovir(以下 ACV)治療されないことが転帰不良因子であることから急性脳炎が示唆される、あるいは病院到着後6時間以内に髄液や画像所見をとれない、患者の状態が時々刻々と悪化している場合には ACV を経静脈的に開始することが重要とされています3)。 ACV は HSV 感染細胞にのみ発現するウイルス性チミジンリン酸化酵素(viralthymidine kinase)を介し HSV の増殖を強く抑制し、ヘルペス脳炎 に対して最も安全かつ有効性の高い薬剤です。尿量減少に伴い腎尿細管 ACV の濃度が溶解度をこえると ACVは結晶化し尿細管を閉塞させ腎後性腎障害をひき起こします。このため、免疫正常成人 HSE例では ACV 10 mg/kg/8 時間を 14〜21 日間投与しますが、腎障害の発症を防ぐためにはACV を緩徐に点滴静注(1回あたり1〜2時間以上かけて)すること、十分な尿量(75 ml/時間以上)を確保することが重要です。 ACV が早期に使用されることによって HSE の予後はかなり改善しましたがそれでも死亡率は 10~15%と高く、高度後遺症などの転機不良例は 27~35%、軽症から中等度の後遺症残存症例は 40~51%で完全回復あるいは後遺症が軽度で社会復帰できる患者は約半数と推定されています。現在でも機能予後を考えると深刻な感染症です2)。 適切な ACV による治療が行われた HSE の経過は通常単相性ですが、脳炎症状がいったん軽快した数週間後に増悪することが 5〜27%みられます。この病態機序として HSV の再活性化と免疫炎症性機序の2つが指摘されています4)。このような再燃例で HSV が検出されることはほとんどなく、高率に脳の自己抗体が検出されることから、炎症で脳組織が血中に流出することによる自己免疫の機序による脳障害が多くを占めると考えられてきました。 その中でも NMDA 受容体脳炎が注目されており、HSE の経過中 30%に NMDA 抗体が検出され、再燃例ではステロイドの投与が推奨されています4)。 菊池中央院 中川 義久令和3年3月19日 参考文献 1 ) 中嶋 秀人:急性脳炎診療の進め方とポイント. 神経 2020 ; 37 ; 265 – 267 .2)単純ヘルペス脳炎診療ガイドライン 2017 . 日本神経感染症学会、日本神経学会、日本神経治療学会 監修3)森田 昭彦:単純ヘルペス脳炎の診断と治療 . Neuroinfection 2020 ; 25 ; 35 – 38 .4)⽯川 晴美:単純ヘルペス脳炎における抗 NMDA 受容体抗体の検出 . 神経治療 2019 ;36 ; 265 – 267 . ダウンロード 単純ヘルペス脳炎は早期治療が重要[PDF:182KB]

究極の善玉腸内細菌―アッカーマンシア菌

善玉腸内細菌―アッカーマンシア菌 近年の DNA 解析の発展と腸内細菌学の確立によって,腸内環境の変化が宿主の生体恒常性維持と密接に関与することが科学的根拠に基づいて明らかにされ始めています。私たちの消化管内には重さにして 1.5 kg、数にして 1014 個以上もの腸内細菌が棲息し、一つのコミュニティーを形成しており、エネルギー代謝異常疾患、免疫疾患や神経系疾患など腸管関連疾患から末梢組織における疾患まで、ある種の腸内細菌が様々な病態と密接に関与することが示唆されています 1)。また、このような腸内細菌と宿主を結びづける実質的な分子実体として、腸内細菌由来代謝物が注目され始め、生体恒常性維持に重要な役割を果たしていることが示唆されてきました。 アッカーマンシア・ムシニフィラ(Akkermansia muciniphila)は、2004 年に発見された、ヒトの腸内に存在するムチン分解菌であり、肥満、糖尿病、炎症との関連について近年、広範な研究がされるようになってきました。 アッカーマンシア・ムシニフィラは、特に、肥満及び 2 型糖尿病に有効である可能性が注目されています。この細菌は通常はヒトの消化管に 3-5%存在しますが、肥満している場合にはこの比率が低下していることが判明しました。また、同菌を肥満マウスに注入したところ、体脂肪量を半減できることが解りました。 消化管は粘膜がむぎだしになっているわけではなく、ムチンという粘液に覆われており、そのムチンのゲル層は、胃では厚く全面を覆っていますが、小腸では薄く断続的となり、大腸では再び厚く全面を覆るようになります.ヒトの場合、ゲル層の厚さは、胃と大腸では数百 µm から 1 mm 近くになるとされています。アッカーマンシア菌はムチン分解菌ですが、ムチンを産生させる役目もあり、腸内で繁殖すると、腸の壁の厚さが増し、ムチンが増え、糖類が身体に吸収されることが妨げられることにより糖の吸収が悪くなり、痩せる作用があると考えられています2)。また、同時に厚くなったムチンが腸内で発生した炎症物質の腸内侵入や細菌やエンドトキシンの腸管内粘膜への侵入を防ぐために、同菌の増加は、全身の抗炎症作用があると考えられています。このムチンの存在は食物繊維が不可欠で、欧米の食生活は食物繊維が少なく、食物繊維飢餓という非常事態に際して、さまざまな腸内細菌が、自らの生存のために、生体防御として非常に重要な粘液層を消化しながら粘液層を破壊してしまいます。食物繊維の少ない欧米型の食事はこのような機序で消化管内ムチンを減少させ、アッカーマンシア菌を減少させてしまうのです3)。また、食物の脂肪の種類が、消化器官の他の細菌と比較してアッカーマンシア菌の成長に影響を及ぼすことが解ってきました。マウスで、ラードを摂取群と魚油摂取群を比較してみました。11 週間後、魚油食を摂取した群はアッカーマンシア群及びラクトバシラス属の細菌が増加しましたが、ラード食を与えた群は両者の菌が減少していました。また、このアッカーマンシア菌群が減少したマウスでは炎症反応が亢進していました4)。アッカーマンシア菌が減少する他の物質として抗生剤の投与が知られており、家畜に抗生物質を投与すると家畜が肥満する現象に関連しているのかもしれません5)。また、非吸収性の人工甘味料もアッカーマンシア菌を減少させ、これは長期間の人工甘味量の飲用で肥満が生じることと関連しているのかもしれません。 薬剤でアッカーマンシア菌を増加させるのがメトホルミンで、メトホルミンは血中から便中にぶどう糖を出す作用があり、このぶどう糖を餌にアッカーマンシア菌が増殖し、同薬の血糖降下作用の一部になっていると考えられています6)。アッカーマンシア菌は抗炎症作用や、抗肥満、血糖降下作用のみならず、近年、抗悪性腫瘍剤の PD-1 阻害剤の作用を増強させる作用も指摘されており7)、優れた腸管内の善玉菌であることがわかってきました。 菊池中央院 中川 義久令和3年3月8日 参考文献 1 ) 向山 弘美:宿主エネルギー代謝制御における腸内細菌と遊離脂肪酸の役割 . オレオサイエンス 2019 ; 19 ; 139 – 144 .2)芦田 久:消化管ムチンを介した微生物と宿主の相互作用 . 化学と生物 2016 ; 54 ; 901– 906 .3)金井 隆典:腸内細菌と消化器疾患. 日内会誌 2019 ; 108 ; 1939 – 1945 .4)内藤 裕二:腸内微生物叢・代謝物ビッグデータをどのように食・食品機能性研究に応用するか?Functional Food Research 2019 ; 15:4 – 10 .5)伊藤 裕:腸内細菌と肥満 . 日本内科学会雑誌 2016 ; 105 ; 172 – 176 .6)内藤 裕二:腸内細菌叢と環境要因. 日本医師会雑誌 2020 ; 149 ; 1537 – 1541 .7)大坂 利文:抗生物質による腸内細菌叢の変化と生体影響. 腸内細菌学雑誌 2018 ; 32 ;125 – 136 . ダウンロード 究極の善玉腸内細菌―アッカーマンシア菌[PDF:119KB]

PEG アナフィラキシーとは?

PEG アナフィラキシーとは?

新型コロナ感染症のPCR再陽性例は感染蔓延の危険はないのか?

新型コロナ感染症のPCR再陽性例は感染蔓延の危険はないのか?

サプリメントとしてのビタミンD

サプリメントとしてのビタミンD

ビタミンDが不足すると新型コロナウイルス感染症が重症になる

ビタミンDが不足すると新型コロナウイルス感染症が重症になる

いよいよ日本でも新型コロナワクチン接種が始まります

いよいよ日本でも新型コロナワクチン接種が始まります

若者に帯状疱疹が急増中

若者に帯状疱疹が急増中

虫垂炎、憩室炎と誤診される腹膜垂炎

虫垂炎、憩室炎と誤診される腹膜垂炎

比較的徐脈をきたす感染症

比較的徐脈をきたす感染症

新型コロナの抗原定性検査の実力は

新型コロナの抗原定性検査の実力は

OPATとは

OPAT とは

欧米で話題のライム病とは

欧米で話題のライム病とは

10月1日からワクチンの接種間隔が変更になります

10月1日からワクチンの接種間隔が変更になります

新型コロナ(SARS-CoV-2)では集団免疫はできない?

新型コロナ(SARS-CoV-2)では集団免疫はできない?

新型コロナ(SARS-CoV-2)とインフルエンザ -ウイルス干渉-

新型コロナ(SARS-CoV-2)とインフルエンザ -ウイルス干渉-

新型コロナの許容リスク

新型コロナの許容リスク

免疫老化と新型コロナ感染症( COVID-19 )

免疫老化と新型コロナ感染症( COVID-19 )

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と栄養・睡眠・運動

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と栄養・睡眠・運動

新型コロナウイルス感染症後の全身の後遺症

新型コロナウイルス感染症後の全身の後遺症

洪水後に増加する経皮感染のレプトスピラ

洪水後に増加する経皮感染のレプトスピラ

新型コロナの抗原検査

新型コロナの抗原検査

新型コロナの抗体検査

新型コロナの抗体検査

抗体依存性免疫増強とは

抗体依存性免疫増強とは

新型コロナウイルスワクチンの開発

新型コロナウイルスワクチンの開発

川崎病と冠動脈瘤と新型コロナ感染症

川崎病と冠動脈瘤と新型コロナ感染症

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症 の治療

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症 の治療

新型 コロナウィルスに 関するお 知らせ

新型 コロナウィルスに 関するお 知らせ 【外来受診について】 新型コロナウィルス感染を疑われる患者さん は、病院を受診される前にまず、お住まいの保健所に開設されています「帰国者・ 接触者相談センター」に電話にてご相談下さい。・菊池保健 所:0968-25-4138・山鹿保健 所:0968-44-4121 【面会について】 病棟への出入りは全面禁止しています。

MERSはまだ終息していない

MERSはまだ終息していない

空気感染と飛沫感染

新型コロナウイルスー感染症学会からの提言

新型コロナウイルスー感染症学会からの提言

好中球細胞外トラップ(NETS)

好中球細胞外トラップ(NETS)

肺MAC症は予防が大切

肺MAC症は予防が大切

過敏性腸症候群と低FODMAP食

過敏性腸症候群と低FODMAP食

抗インフル薬は何を使う?

抗インフル薬は何を使う?

百日咳は新しい検査法でも診断が難しい

百日咳は新しい検査法でも診断が難しい

抜歯時の抗生剤投与

抜歯時の抗生剤投与

不明熱の中の感染症

不明熱の中の感染症

Eagle効果とは?

Eagle効果とは?

ピロリ感染診断には血清抗体を用いない

ピロリ感染診断には血清抗体を用いない

2回ワクチン打っていれば抗体測定不要

2回ワクチン打っていれば抗体測定不要

IgG抗体アビディティー検査とは

IgG抗体アビディティー検査とは

手足口病が流行しています

手足口病が流行しています

成人Still病は薬剤アレルギーに注意

成人Still病は薬剤アレルギーに注意

風疹の第五期定期接種

風疹の第五期定期接種

ダイエットで人気のカルニチン、抗生剤で低下する?

ダイエットで人気のカルニチン、抗生剤で低下する?

疥癬とイベルメクチン

疥癬とイベルメクチン

妊婦さん、子供の食べ残し食べないで

妊婦さん、子供の食べ残し食べないで

2つの帯状疱疹ワクチン

2つの帯状疱疹ワクチン

もうひとつのピロリ菌、ハイルマニイ菌

もうひとつのピロリ菌、ハイルマニイ菌

単純ヘルペスの1日治療

単純ヘルペスの1日治療

溶連菌感染症が増えています

溶連菌感染症が増えています

ムンプスワクチンの必要性

ムンプスワクチンの必要性

扁桃炎ーEBウイルス感染を否定できるかー

扁桃炎ーEBウイルス感染を否定できるかー

麻疹の感染対策はワクチンのみ

麻疹の感染対策はワクチンのみ

新しいレジオネラ感染の診断キット

新しいレジオネラ感染の診断キット

リンゴ病が流行の兆し

リンゴ病が流行の兆し

インフルエンザの診断―イクラサイン―

インフルエンザの診断―イクラサイン―

市中に広がるClostrioides difficile

市中に広がるClostrioides difficile

高齢のHIV陽性者・AIDSの増加

高齢のHIV陽性者・AIDSの増加

レジオネラ肺炎は見逃されやすい

レジオネラ肺炎は見逃されやすい

感染症の出席停止期間

感染症の出席停止期間

風疹の流行が続いています

風疹の流行が続いています

インフルエンザワクチンは午前中の接種が有効?

インフルエンザワクチンは午前中の接種が有効?

クラミジア(クラミドフィラ)肺炎は少ない

クラミジア(クラミドフィラ)肺炎は少ない

A、B、C型肝炎より多いE型肝炎、一部慢性化 も

A、B、C型肝炎より多いE型肝炎、一部慢性化 も

タミフル10歳代も可、異常行動は脳梁膨大部脳 炎

タミフル10歳代も可、異常行動は脳梁膨大部脳 炎

性行為感染症で増加しているA型肝炎

性行為感染症で増加しているA型肝炎

夏に増加する軽皮感染症のレプトスピラ

夏に増加する軽皮感染症のレプトスピラ

平成30年7月豪雨・洪水における感染予防

平成30年7月豪雨・洪水における感染予防

尿道炎もマイコプラズマが関与

尿道炎もマイコプラズマが関与

ロシアにも狂犬病はあります

ロシアにも狂犬病はあります

百日咳の新しい検査法

百日咳の新しい検査法

病院実習を始める看護学生へのウイルス抗体価測 定の項目(再掲)

病院実習を始める看護学生へのウイルス抗体価測 定の項目(再掲)

子宮頸がんワクチンの副作用ー自己免疫性脳炎―

子宮頸がんワクチンの副作用ー自己免疫性脳炎―

何故、麻疹流行はくりかえされるのか

何故、麻疹流行はくりかえされるのか

オーストラリアのメロンがリステリアに汚染?

オーストラリアのメロンがリステリアに汚染?

薬剤性過敏症症候群は一種の免疫再構築症候群

薬剤性過敏症症候群は一種の免疫再構築症候群

見逃されている乳児ボツリヌス症

見逃されている乳児ボツリヌス症

アメーバ赤痢の国内感染が増えています

アメーバ赤痢の国内感染が増えています

まるでノロウイルスの培養室―平昌オリンピック

まるでノロウイルスの培養室―平昌オリンピック

マイコプラズマ肺炎―LDHがステロイド投与の 目安―

マイコプラズマ肺炎―LDHがステロイド投与の 目安―

成人の流行性筋痛症―パレコウイルス感染症―

成人の流行性筋痛症―パレコウイルス感染症―

インフルエンザ迅速検査をしないこともあります

インフルエンザ迅速検査をしないこともあります

インフルエンザ新情報

インフルエンザ新情報

日本全国に存在する?ダニ媒介性脳炎

日本全国に存在する?ダニ媒介性脳炎

風邪症候群から伝染性単核球症を見つける

風邪症候群から伝染性単核球症を見つける

インフルエンザワクチンをうつべきか?

インフルエンザワクチンをうつべきか?

クロストリジウム毒素抗体療法

クロストリジウム毒素抗体療法

メトロニダゾール点滴静注

メトロニダゾール点滴静注

ビタミンDと感染症

ビタミンDと感染症

秋~冬に流行する猫ひっかき病

秋~冬に流行する猫ひっかき病

プロトンポンプ阻害剤と感染症

プロトンポンプ阻害剤と感染症

ピロリ菌の尿中抗体

ピロリ菌の尿中抗体

猫咬傷で重症熱性血小板減少症候群(SFTS) を発症

猫咬傷で重症熱性血小板減少症候群(SFTS) を発症

ニューキノロン系薬の警告強化

ニューキノロン系薬の警告強化

熊本県内で梅毒患者が急増 昨年の2倍超

熊本県内で梅毒患者が急増 昨年の2倍超

腸管出血性大腸菌、気温上昇で流行の兆し

腸管出血性大腸菌、気温上昇で流行の兆し

DAAによるHBVの再活性化

DAAによるHBVの再活性化

アニサキス症が急増しています

アニサキス症が急増しています

亜鉛と感染症

亜鉛と感染症

B型肝炎ワクチン3回接種後の抗体確認

B型肝炎ワクチン3回接種後の抗体確認

温泉利用の男性、レジオネラ症で死亡

温泉利用の男性、レジオネラ症で死亡

研修医が修麻疹飾を発症

研修医が修麻疹飾を発症

「一晩寝かせたカレー」食中毒ご注意

「一晩寝かせたカレー」食中毒ご注意

クリプトコッカスが前立腺に潜んでいる

クリプトコッカスが前立腺に潜んでいる

ピロリ除菌、ペニシリンアレルギー大丈夫?

ピロリ除菌、ペニシリンアレルギー大丈夫?

妊婦さんはトキソプラズマに注意

妊婦さんはトキソプラズマに注意

インフルエンザワクチンはA香港型には無効?

インフルエンザワクチンはA香港型には無効?

百日咳の新しい診断法

百日咳の新しい診断法

梅毒の治療にペニシリンとプロベネシッド

梅毒の治療にペニシリンとプロベネシッド

感染症の後遺症、ギランバレー症候群

感染症の後遺症、ギランバレー症候群

発熱と発疹、HIV感染症もあります。第4世代 検査法で

発熱と発疹、HIV感染症もあります。第4世代 検査法で

麻疹の鑑別・薬剤過敏症症候群

麻疹の鑑別・薬剤過敏症症候群

卵アレルギーとインフルエンザワクチン

卵アレルギーとインフルエンザワクチン

マイコプラズマ肺炎が増えています。その診断に ついて。

マイコプラズマ肺炎が増えています。その診断に ついて。

肉フェスで大勢の食中毒!犯人はやっぱり!

肉フェスで大勢の食中毒!犯人はやっぱり!

麻疹が流行しています。index case を診断できるか

麻疹が流行しています。index case を診断できるか

結核のハイリスクグループ

結核のハイリスクグループ

ジビエ(野生鳥獣の肉)料理の危険

ジビエ(野生鳥獣の肉)料理の危険

帯状疱疹患者さんは隔離すべきか –

帯状疱疹患者さんは隔離すべきか –

経皮感染するレプトスピラ – 水遊びに注意 –

経皮感染するレプトスピラ – 水遊びに注意 –

激減した腸炎ビブリオ食中毒

激減した腸炎ビブリオ食中毒

夏に増加するサルモネラ食中毒

夏に増加するサルモネラ食中毒

熊本地震と洪水、懸念される破傷風

熊本地震と洪水、懸念される破傷風

日本紅斑熱の増加が懸念

日本紅斑熱の増加が懸念

ウイルス性顔面神経麻痺

ウイルス性顔面神経麻痺

ブドウ球菌による食中毒

ブドウ球菌による食中毒

2週間以上続く咳は?

2週間以上続く咳は?

マクロライドの乱用を避けなければ

マクロライドの乱用を避けなければ

生物の持つ天然毒の中で最強のパリトキシン

生物の持つ天然毒の中で最強のパリトキシン

百日咳は血清診断すべきか?

百日咳は血清診断すべきか?

見逃されている反応性関節炎

見逃されている反応性関節炎

中南米で流行しているジカ熱

中南米で流行しているジカ熱

歯性感染症、大腸炎から大腸癌までおこすフソバ クテリウム

歯性感染症、大腸炎から大腸癌までおこすフソバ クテリウム

日本では冬に流行するインフルエンザが熱帯地域 では雨季に流行する

日本では冬に流行するインフルエンザが熱帯地域 では雨季に流行する

化血研問題でワクチンが不足する

化血研問題でワクチンが不足する

青魚アレルギーではなくアニサキスアレルギー

青魚アレルギーではなくアニサキスアレルギー

市中に拡がる耐性黄色ブドウ球菌

市中に拡がる耐性黄色ブドウ球菌

口唇ヘルペスに生涯罹らないことは可能でしょう か

口唇ヘルペスに生涯罹らないことは可能でしょう か

新型ノロウイルスが今冬流行するかもしれません

新型ノロウイルスが今冬流行するかもしれません

インフルエンザワクチンが4価になりました

インフルエンザワクチンが4価になりました

不思議な真菌、ニューモシスチス

不思議な真菌、ニューモシスチス

ビブリオ・バルニフィカスに良く似たエロモナス 感染症

ビブリオ・バルニフィカスに良く似たエロモナス 感染症

帯状疱疹の予防に水痘ワクチン

帯状疱疹の予防に水痘ワクチン

1日1錠、12週間服用でほぼ100%有効なC 型肝炎治療薬

1日1錠、12週間服用でほぼ100%有効なC 型肝炎治療薬

タケキャブを用いたピロリ除菌

タケキャブを用いたピロリ除菌

夏に増加するビブリオ・バルニフィカス感染症

夏に増加するビブリオ・バルニフィカス感染症

今夏、デング熱は流行する?

今夏、デング熱は流行する?

リステリア菌も冷蔵庫内で増殖します

リステリア菌も冷蔵庫内で増殖します

韓国でのMERS感染症 -スーパースプレッダーの存在-

韓国でのMERS感染症 -スーパースプレッダーの存在-

エルシニア菌は冷蔵庫内でも増殖します

エルシニア菌は冷蔵庫内でも増殖します

ピロリ菌除菌後も定期的胃カメラが必要です

ピロリ菌除菌後も定期的胃カメラが必要です

B型肝炎ワクチンの0歳児への定期接種

B型肝炎ワクチンの0歳児への定期接種

保育園での疥癬の集団発生

保育園での疥癬の集団発生

マイコプラズマ迅速診断キットを導入しました

マイコプラズマ迅速診断キットを導入しました

致死的上気道炎ーレミニール症候群ー

致死的上気道炎ーレミニール症候群ー

不登校や仮病の原因がQ熱

不登校や仮病の原因がQ熱

新鮮地鶏にご用心

新鮮地鶏にご用心

腸内細菌の変化で痩せられる

腸内細菌の変化で痩せられる

人食いバクテリアが増加している?

人食いバクテリアが増加している?

インフルエンザの登校停止期間

インフルエンザの登校停止期間

見逃されているE型肝炎

見逃されているE型肝炎

日本ではレジオネラ症は少ないのか

日本ではレジオネラ症は少ないのか

増加している輸入真菌症ーコクシジオイデス症ー

増加している輸入真菌症ーコクシジオイデス症ー

どのような嘔吐下痢症に抗生剤を投与するか?

どのような嘔吐下痢症に抗生剤を投与するか?

エボラ出血熱の救世主?アビガン錠とは?

エボラ出血熱の救世主?アビガン錠とは?

インフルエンザの合併症

インフルエンザの合併症

プレセプシン全血で測定できる敗血症診断マー カー

プレセプシン全血で測定できる敗血症診断マー カー

関節リウマチの主な原因はタバコと歯周病

関節リウマチの主な原因はタバコと歯周病

デング熱とチクングニア熱

デング熱とチクングニア熱

デング熱の国内感染例が増加しています

デング熱の国内感染例が増加しています

髄膜炎菌ワクチン「メナクトラ」の製造・販売が 承認されました

髄膜炎菌ワクチン「メナクトラ」の製造・販売が 承認されました

西アフリカでエボラ出血熱が流行しています

西アフリカでエボラ出血熱が流行しています

超高感度HBs抗原が測定できるようになりまし た

超高感度HBs抗原が測定できるようになりまし た

成人の肺炎球菌ワクチンが2 種類になりました

成人の肺炎球菌ワクチンが2 種類になりました

ステロイドホルモンによる糞線虫の再活性化

ステロイドホルモンによる糞線虫の再活性化

ブラジルから帰国した旅行者における感染症

ブラジルから帰国した旅行者における感染症

プロトンポンプ阻害剤が低用量アスピリン服用者 の小腸粘膜傷害の危険因子

プロトンポンプ阻害剤が低用量アスピリン服用者 の小腸粘膜傷害の危険因子

NHCAP(医療・介護関連肺炎)の予後は抗生 剤では左右されない

NHCAP(医療・介護関連肺炎)の予後は抗生 剤では左右されない

急性扁桃炎―急性HIV感染症は鑑別できる?-

急性扁桃炎―急性HIV感染症は鑑別できる?-

病院実習を始める看護学生へのウイルス抗体価測 定の項目

病院実習を始める看護学生へのウイルス抗体価測 定の項目

ミャンマーでの刺身喫食で顎口虫症

ミャンマーでの刺身喫食で顎口虫症

日本人も肺炎クラミジア感染で冠動脈疾患リスク が上がる?

日本人も肺炎クラミジア感染で冠動脈疾患リスク が上がる?

麻疹の海外感染に注意

麻疹の海外感染に注意

40歳未満の帯状疱疹は脳卒中の危険因子

40歳未満の帯状疱疹は脳卒中の危険因子

貝毒は加熱しても発症します

貝毒は加熱しても発症します

ノロウイルス感染が流行する原因

ノロウイルス感染が流行する原因

ブラジル渡航に必要なワクチンは?

ブラジル渡航に必要なワクチンは?

ブラジルW杯 現地で応援するなら

ブラジルW杯 現地で応援するなら

HIVの曝露後感染予防

HIVの曝露後感染予防

腸内細菌とアンチエイジング(その2)

腸内細菌とアンチエイジング(その2)

腸内細菌とアンチエイジング(その1)

腸内細菌とアンチエイジング(その1)

菊池病は何らかのウイルス感染症

菊池病は何らかのウイルス感染症

潜在性結核感染症(Latent Tuberculosis Infection : LTBI)とは

潜在性結核感染症(Latent Tuberculosis Infection : LTBI)とは

JCウイルスの再活性化による脳炎

JCウイルスの再活性化による脳炎

真菌性副鼻腔炎が増えています

真菌性副鼻腔炎が増えています

発疹のない帯状疱疹とそれによる運動神経麻痺

発疹のない帯状疱疹とそれによる運動神経麻痺

腸内細菌で分解された漢方による特発性腸間膜静 脈硬化症

腸内細菌で分解された漢方による特発性腸間膜静 脈硬化症

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌判定法と実施時 期

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌判定法と実施時 期

ウェルシュ菌とその食中毒

ウェルシュ菌とその食中毒

自然によくなったり悪くなったりする梅毒の症状

自然によくなったり悪くなったりする梅毒の症状

抗生剤による光線過敏症に注意

抗生剤による光線過敏症に注意

子宮頸がんワクチンの副作用-本当に必要なワク チン?-

子宮頸がんワクチンの副作用-本当に必要なワク チン?-

風疹抗体測定はHIA法で行っています

風疹抗体測定はHIA法で行っています

HBs抗原陰性、HBs抗体陰性でHBc抗体の み陽性

HBs抗原陰性、HBs抗体陰性でHBc抗体の み陽性

鉄過剰と感染症

鉄過剰と感染症

アデノウイルス感染症が増えてきました

アデノウイルス感染症が増えてきました

中国の鳥インフルエンザの死亡者の臨床像

中国の鳥インフルエンザの死亡者の臨床像

抗生剤の副作用で胆石!!

抗生剤の副作用で胆石!!

ヘリコバクターシネジー感染症

ヘリコバクターシネジー感染症

水道水からのジアルジア検出

水道水からのジアルジア検出

風疹が流行しています

風疹が流行しています

かぜ症候群と抗生剤

かぜ症候群と抗生剤

国内で初めて診断された重症熱性血小板減少症候 群

国内で初めて診断された重症熱性血小板減少症候 群

イナビルと二峰性発熱

イナビルと二峰性発熱

肺MAC症の新しい血清診断

肺MAC症の新しい血清診断

大腸憩室炎が増加しています。

大腸憩室炎が増加しています。

新しい結核診断検査

新しい結核診断検査

EBウイルスによる伝染性単核球症が増加してい ます

EBウイルスによる伝染性単核球症が増加してい ます

気道感染症診断法の進歩

気道感染症診断法の進歩

RSウイルス感染症が増加しています

RSウイルス感染症が増加しています

狂犬病「顧みられない病気」と懸念WHO

狂犬病「顧みられない病気」と懸念WHO

渡航医学会研修会にいってきました

渡航医学会研修会にいってきました

結核の血清診断をWHOが中止勧告

結核の血清診断をWHOが中止勧告

洪水後のレプトスピラに注意

洪水後のレプトスピラに注意

手足口病と髄膜炎

手足口病と髄膜炎

子供のうちに罹っておきたいサイトメガロ・ウイ ルス

子供のうちに罹っておきたいサイトメガロ・ウイ ルス

難病の犯人はニキビ菌

難病の犯人はニキビ菌

エイズ検査が無料、匿名で受けられます

エイズ検査が無料、匿名で受けられます

ピロリ除菌のその後

ピロリ除菌のその後

感染症学会の記帳報告

感染症学会の記帳報告

急性虫垂炎は手術?抗生剤治療?

急性虫垂炎は手術?抗生剤治療?

米国で感染性胃腸炎による死亡が急増!その原因 はC. difficile

米国で感染性胃腸炎による死亡が急増!その原因 はC. difficile

歯周病の治療でNASHが治る?

歯周病の治療でNASHが治る?

インフルエンザ迅速検査-陰性的中率が低下-

インフルエンザ迅速検査-陰性的中率が低下-

不明熱の鑑別診断-自己炎症症候群-

不明熱の鑑別診断-自己炎症症候群-

全国で水痘が流行しています。あなたは大丈夫?

全国で水痘が流行しています。あなたは大丈夫?

小腸潰瘍の原因は小腸細菌叢

小腸潰瘍の原因は小腸細菌叢