診療科・部門案内

菊池中央病院

>> 診療科・部門案内 >> リハビリテーション科
リハビリテーション科
  • 理学療法(PT)
    日常の基本動作能力を回復させるための訓練を行います。
  • 作業療法(OT)
    現状の障害のまま、応用的な動作能力を身につけたり、社会に適応する能力を身につけます。
  • 言語聴覚療法(ST)
    言葉や聴き取る力の回復を目的とします。
《スタッフ》
  人数
理学療法士(PT) 2名
作業療法士(OT) 2名
リハ助手 2名
 計5名が従事しています。

《施設基準》
   
医療保険 ・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
・運動器疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
介護保険 ・理学療法(Ⅰ)
・作業療法
当院のリハビリテーションチーム
概要リハビリテーションというと"リハビリテーション=マッサージ=気持ちよ い"というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、 当リハビリテーション科では、医師の指示のもとに訓練を行っています。
  • 機能回復訓練(麻痺の回復や関節可動域の改善、筋力増強、等)
  • 基本動作訓練(起き上がる、座る、立つ、車椅子などに乗り移る、歩く、等)
  • 日常生活動作訓練(食事、排泄、更衣、整容、等)
  • 物理療法(温熱、低周波、牽引、等)
※ 外来診療時間をご確認のうえ来院ください。
※ 毎週土曜日は外来とショートステイの患者さんに限ります。
概要
  • 運動器リハビリテーション
    基本的な動作能力の回復を通して、実用的な日常生活におけるさまざまな活動の自立を図るために、種々の運動療法、実用歩 行訓練、日常生活活動訓練、物理療法、応用的動作能力、社会的適応能力の回復を目的として理学療法士・作業療法士を組み 合わせて個々の症例に応じて治療を行います。
    ◎対象疾患として、
    ・上下肢の複合損傷
    ・脊椎損傷による四肢麻痺
    ・体幹・上下肢の外傷、骨折、切断・離断
    ・上記の術後 など
  • 脳血管疾患等リハビリテーション
    基本的動作能力の回復等を通して、実用的な日常生活におけるさまざまな活動の自立を図るために、種々の運動療法、実用歩 行訓練、日常生活活動訓練、物理療法(PT/OT)を組み合わせて行う場合と、言語聴覚機能障害を持つ患者に対して言語 機能・聴覚機能に係わる訓練(ST)を個々の症例に応じて行います。
    対象疾患として、
    ・脳梗塞、脳出血、くも膜下出血
    ・脳腫瘍、脳膿瘍、脊髄損傷、脊髄腫瘍
    ・上記の術後および神経疾患、神経筋疾患
    ・失語症、失認・失行症、高次脳機能障害 など