菊池中央病院について

菊池中央病院

>> 医療法人信岡会 菊池中央病院のご案内
ごあいさつ概要・沿革基本方針個人情報保護介護保険施設算定している基準院内マップ広報誌くるみアンケート病院パンフレット一般事業主行動計画くまもと子育て支援正常圧水頭症についてスタッフ募集
ごあいさつ
理事長

医療の原点は患者さんを治す事です。私たち医療に従事しているものはそのお手伝いをするわけですが、そのためにはまず、患者さんとの信頼関係を作ることです。信頼関係が出来れば、その時点で患者さんの気持ちはずいぶん楽になるでしょう。それから最善の治療をともに考えてゆくことだと思います。 そして、その治療が私に出来るのか、それともより高度な専門の施設が必要なのかを相談しながらまたお互いに納得して治療を進めていくことだと考えます。
 どうしても、信頼関係が持てないときは、納得できる先生を紹介しなければならないと考えます。 とにかく患者さんは病気が治って実りある生活にもどられることが、一番だと思いますから、そのことを肝に銘じて日ごろの診療に従事しています。また、現代医学では治す事が難しい病気の患者さんもおられます。そのような患者さんには病気と上手く付き合っていくお手伝いしていきたいと考えています。

院長

木を見て森を見ず、ということばがありますが、近年、医療の細分化・専門化がすすみ、病気(臓器)を診て人を診ず、ということにもなりかねない時代になってきました。
 私たちは最新の医療を念頭におきながらも、医療の原点を忘れず、病を診て、人を診て、その人の環境を診て、再び病を診る、そういう診療を心がけています。
 患者さんを1人の人間としてトータルにみる全人的医療を目指しています。ガイドラインをうのみにして診療をすると患者さんは膨大な薬をのみ、頻繁に検査をしないといけなくなります。
 私たちは目の前の患者さんにとって何が一番問題なのか優先順位をつけ、患者さんの心配事にも耳を傾け、一緒に問題解決を図り、健康の有難さ、生きている事の喜びを分かち合いたいと思っております。 
 当院を受診される患者さんはどしどし自分の希望をおっしゃって下さい。そこから、私たちとのコミュニケーションが始まると思っております。

概要・沿革
当院は急性期医療・亜急性期医療を提供する医療施設として、地域のみなさまのかかりつけ医となることを目的として、日ごろの病気や怪我の診断治療、手術後などの回復期医療を提供しています。居宅介護支援事業所や訪問看護ステーションとも連携し、社会や在宅への復帰をお手伝いしています。また、十分な医療体制をとるべく、看護スタッフを充足させ、診断治療を支援する機器導入し、専門スタッフの教育も行っていき、地域の方々が必要とするときに必要な医療を提供できるよう努力してまいります。当院では次の心得を掲げています
急性期医療と亜急性期医療 急性期医療では、怪我や病気について積極的に、また、集中して治療や処置を行う必要がある初期医療を担います。そして、亜急性期医療では急性期を脱した患者さまが、社会や在宅に復帰するための医療を提供することを目的としています。
感染症外来
感染症に関するご相談などまずはこちらへ。
頭痛・もの忘れ外来
若い方の頭痛が増えています 痛み止めの飲みすぎでは?
内視鏡検査
胃・大腸検査で、早期発見 ・早期治療を。
予防接種
当院で接種可能なワクチンはこちらから。
お見舞いメール
入院されている方へのお見舞いメールをお受けいたします。
病院案内