菊池中央病院について

菊池中央病院

>> 概要・沿革
ごあいさつ概要・沿革基本方針個人情報保護介護保険施設算定している基準院内マップ広報誌くるみアンケート病院パンフレット一般事業主行動計画くまもと子育て支援正常圧水頭症についてスタッフ募集
概要・沿革
 本院は、昭和21年信岡徳により開設され、今日まで約60年の星霜を経ました。
 昭和26年には医療法人信岡会を設立し医療機関としての体制を整備し、昭和56年6月に菊池中央病院と改め、また診療看護部門の充実強化、医療機器設備の拡充を図り、安心して生活できる菊池をめざし地域医療と救急医療の分野で心が通った医療が出来るように、職員一丸となって、地域の皆さまの御信頼を得るべく努力を続けております。
昭和56年ごろ
2010年撮影
■ 1946年10月(昭和21年) 信岡病院を開院
■ 1951年12月(昭和26年) 医療法人信岡会設立
■ 1968年 2月(昭和43年) 円形棟新築 80床となる
■ 1981年 6月(昭和56年) 現在地に本館新築移転 130床となる 菊池中央病院と改める
■ 1983年12月(昭和58年) 150床に増床
■ 1995年 1月(平成 7年) 菊池市で最初の老人病棟66床を開始
■ 1997年 2月(平成 9年) 菊池中央病院デイケアセンター 開設
■ 1999年 8月(平成11年) 菊池訪問看護ステーション さくら 開設
■ 2000年 4月(平成12年) 療養型病床群の改修工事終了 144床となる
■ 2000年 4月(平成12年) 菊池中央病院居宅介護支援事業所 開設
■ 2007年 1月(平成19年) 頭痛外来開始
■ 2007年 11月(平成19年) 超音波診断装置更新
■ 2008年 10月(平成20年) 感染症外来開始
■ 2009年 11月(平成21年) 菊池中央病院居宅介護支援事業所と 菊池訪問看護ステーション
さくらが現在地に移転
■ 2010年 5月(平成22年) 外来診察室をリニューアル
■ 2011年 3月(平成23年) マルチスライスCT、PACS導入
■ 2012年 9月(平成24年) 骨密度測定装置導入
■ 2013年 9月(平成25年) 内視鏡検査装置導入
■ 2013年 12月(平成25年) 2台目の超音波診断装置更新
■ 2014年 9月(平成26年) X線撮影室にFPD(フラットパネル検出器)を導入
感染症外来
感染症に関するご相談などまずはこちらへ。
頭痛・もの忘れ外来
若い方の頭痛が増えています 痛み止めの飲みすぎでは?
内視鏡検査
胃・大腸検査で、早期発見 ・早期治療を。
予防接種
当院で接種可能なワクチンはこちらから。
お見舞いメール
入院されている方へのお見舞いメールをお受けいたします。
病院案内